新型ハリアーの運転しやすさ運転しにくさ安全性、自動ブレーキは?




新型ハリアーは男女問わず人気のクルマだ。SUVのクルマの形と言えば運転がとてもしやすい・視界が見えずにくくて運転がしにくいと2つの意見に分かれてしまうケースが非常に多い。実際新型ハリアーにのっているユーザーの口コミやレビューを参考に解析してみた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ハリアーの運転はしやすい【口コミやレビュー】

写真撮影:M,M
インターネットで新型ハリアーの運転について検索をしてみると「運転をしやすい」などの口コミやレビューの件数が多い。ミニバンやコンパクトカーなどを運転した後に新型ハリアーを運転してみたらなぜ「運転がしやすい」かがすぐに理解できるだろう。
  1. 運転席から見える視界が広い
  2. クルマの幅や長さが把握しやすい
  3. ハンドルが重たくない
  4. 運転席が自動的にスライドしてくれる
  5. サイドミラーが大きい

 

車高が高いクルマは、地面から離れているので「運転がしにくい」イメージをする傾向が多い。実際に運転してみると走行中・駐車時などに全く影響がない。

車高が高いと周囲の状況を察知しやすく信号機や標識看板を確認する時でも顔を上に向ける必要がないので運転に不慣れなドライバーでもとても運転がしやすい。

車体が地面に近ければ近いほど足元が見えにくくなるが新型ハリアーの運転席からの視界はとても見えやすく男女問わず運転がしやすくなっている。小柄な人が運転しても座席の上げ下げが簡単に調整ができる。

写真撮影:M,M
新型ハリアーには運転席・助手席にエンジンスイッチと連動したスライドシステムが搭載されている。後輪時は運転席が後方に動き、乗車時は運転席が元の位置に戻るので手荷物が多い時や子供を抱えてるときなど非常に便利で使い勝手良く女性ユーザーからは評価が高い。

さらにシートメモリーが搭載されているので2つまで記憶することができる。スイッチも運転席のドアノブの横についているんでかがみこんでスイッチを探す必要が無く夫婦でクルマを共有する時に活躍する。




新型ハリアーの運転はしにくい【口コミやレビュー】

写真撮影:M,M
 

新型ハリアー「運転のしやすい」評価も多いが運転に対して口コミレビューオール5ではない。「運転がしにくい」「コツが必要」なケースを口コミやレビューを参考にまとめてみた。

・夜走行見えにくい箇所がある

ミニバンやコンパクトなどに比べSUV車はボンネットが長く前に出ているので運転になれるまで注意が必要だ。夜間脇道に曲がる時に、歩車道境界ブロックはしっかり位置を確認しなくてはいけない。

ボンネットが長いので曲がり角に入る時はすでにヘッドライトの光が前方のみを照らしているので早めにハンドルを切りすぎたらブロックに乗り上げたり、タイヤを擦ってしまい酷い時タイヤバーストしてしまうケースもある。

知り合いで実際に夜間お店の敷地に入る時ハンドル操作を誤って(道がうまく見えてなかったん)歩車道境界ブロックに乗り上げてしまった新型ハリアーを目撃したことがある。車高が高いので運転に慣れていても確認が大切だ。

・後ろが見えずらい

車体が大柄なSUVでは、バックするとき後方の視界がとても悪い。真後ろが全く見えないので、背の低い小さな子供が居たら室内から後方を確認して気付くことがかなり難しい。

バックカメラ標準装備してるユーザーもかなり多い。新型ハリアーエレガンスグランドのグレードに標準装備されていない、便利で安全な機能がある。その機能がクリアランスソナー・バックソナー車両前方後方障害物を検知しブザーメーターディスプレイで障害物との距離を察知してくれる。

購入時オプションになるので、後から「やっぱりつけたい」「車をぶつけてしまった。防止の為につけたい」と思っても後付けすることができない。

メーカーオプション品は、車を製造する過程で組み込まれる装備品になるので特殊な配線などが必要になる為、販売店に部品を持ち込み取り付けてもらう事はできない事になっている。

販売店でのオプションなどの装備品は納車後に取り付けは、外注される事が多く販売店での装着は殆ど行われていないのが現状だ。購入時に取り付けしたシステムがエラーをおこしたり、リーコールが発生したらもちろん付け替えは可能になるが、納車後に追加でクリアランスソナー・バックソナー取り付けができないので注意が必要だ。

 

自分で部品を注文して取り付けすることは実際には可能だが、穴あけ配線の接続バンパーなどを外すなどの作業が必要になってくる。

だがセンサーになるので好きな場所につければいいというわけでもなく加工が一度失敗してしまうと取り返しがつかなくなる。(純正の新品のバンパーは約8~10万)後から取り付けができないので、少しでも迷っているなら初めから取り付けた方が後悔しないだろう。




新型ハリアーの安全性は又自動ブレーキや最新のシステム

写真撮影:M,M
 

新型ハリアーには標準装備でトヨタセーフティセンスPが全グレードに標準装備されている。レーダー単眼カメラの組み合わせで構成されている。レーダーミリ波レーダーになり歩行者も感知することが可能で、天候に左右されずに幅広いシーンで事故の回避や軽減に活躍する。

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム(PCS)
・レーンディパーチャーアラート(LDA)
・アダプティブLEDヘッドライトシステム(AHS)※PREMIUM以上
・レーダークルーズコントロール

最新のシステムが搭載されており、中でも注目ポイントミリ波レーダー単眼カメラの組み合わせだ。前方の車は勿論のこと歩行者の感知もしてくれ、衝突の危険性がある場合には自動ブレーキが作動しサポートしてくれる。

自転車・歩行者などをいち早く察知してくれるので、ドライバーが見落としてもミリ波レーダーと単眼カメラが衝突回避と軽減してくれる。ここで勘違いしてプリクラッシュセーフティシステム自動で停止してくれる機能と認識してることが多いが違う。プリクラッシュセーフティシステムは、 自動停止までは作動しない

プリクラッシュセーフティシステム
●障害物をミリ波レーダーで検出
→  衝突する可能性がある場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援する

●先行車と衝突した場合
→  警報
→ ブレーキを踏む
→ プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシスト減速する

●ブレーキを踏めない場合
→  プリクラッシュブレーキが作動
→ 衝突を回避もしくは衝突の被害を軽減してくれる

クルマの技術はあくまで 運転手をサポートするものになる。

写真撮影:M,M
 

新型ハリアー電動パーキンブレーキブレーキホールド機能が採用された。シフトポジションを「P」に入れると同時にパーキングブレーキも掛かるようになり、毎回手動で操作していたのが自動でパーキングブレーキがかかるので掛け忘れ防止にも役立つ。

車両の設定でオートホールド機能オンにすれば、信号待ちブレーキ踏み続けることなく停止状態をキープすることができ、アクセル操作を行うと自動的に解除される。

信号待ちで運転席から離れたところの荷物を取ろうとして手を伸ばしたが、思った以上に距離が離れておりはずみでブレーキから足が離れ前方車追突してしまったという事例も実際に多いが、電動パーキングブレーキ+ブレーキホールド機能がついていれば事故防止にも繋がる。

しかし電動パーキングブレーキ+ブレーキホールド機能には注意しないといけない点がある。

・シートベルトはしないと解除されない
安全上の仕組み電動パーキングが入った状態で少しだけ車を移動する時、シートベルトをしないと解除されない仕組みなっている。気づかず無理やり走行すると故障の恐れがある

・搭載してない車に乗るとパーキング操作忘れる
セカンドカーや他のクルマに乗った時パーキングブレーキ操作忘れてしまう傾向がある。無意識のうちに信号などでブレーキを離してしまう可能性があり事故の原因にもなってしまうので注意が必要だ。

  1. 進路上の先行車や障害物などを検出してくれる機能が装備
  2. JNCAPの予防安全性能アセスメントでの最高ランクの「ASV+」搭載
  3. 車線逸脱による事故を未然に防ぐための装置が搭載
  4. アクセルの踏み間違い・踏みすぎなどで起こる衝突を緩和してくれるシステム

新型ハリアーの運転しやすさ、運転しにくい、安全性 まとめ

新型ハリアーは運転のしやすいクルマだが、どうしても後ろが確認しずらいのでバックカメラの装備を装着した方がいいだろう。まんがいいち物にぶつけてしまったら高額な修理代が発生してしまうケースもあるので運転をアシストしてくれる機能はしっかり活用する。

安全装備も満足する内容になっており、クルーズコントロールが搭載されているので、セットした速度をキープしてくれるので高速道路の運転がしやすくなり疲労軽減にもなっている。

新型ハリアーは男女関係なく運転がしやすくなっているが実際に販売店に行ってクルマの大きさや自動ブレーキなどを確認してみるのがおすすめだ。

(コピーライターM,M)




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です