新型ハリアー【7人乗りは?】3列シートは?何人乗りなの?




新型ハリアーは、何人乗りが設定されているのか、購入する前の段階で知っておきたいところです。

7人乗りのミニバンやSUVが欲しいという人にとっては、特に新型ハリアーの乗車定員は気になる部分ではないでしょうか。

そこで、この記事では新型ハリアーの乗車定員などを中心に、詳しくチェックしていきたいと思います。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ハリアーは何人乗り?

実際に新型ハリアーに設定されている乗車定員は、一体どのようになっているのでしょうか。

複数の乗車人数が仕様として設定されているのか、またはシンプルに乗車人数が全グレードに共通しているのかも、知りたい人は多いかと思います。

そういった点も含めて、新型ハリアーが何人乗りなのか、見ていきましょう。

 

①新型ハリアーは基本的に5人乗り設計

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/hy_elegance/?padid=ag341_from_harrier_top_grade_hy_elegance_thumb

新型ハリアーは、原則的には5人乗りに設計されています。

大人が5人乗車することを想定しており、小さな子供などはこの定員以上に乗せることも可能なケースもあるとされています。

しかし、トヨタとしては公式には5人乗りとして販売しており、5人以上の乗車については触れていないようです。

運転席、前の助手席として、後ろに3人が乗車可能な座席が装備されており、新型ハリアーに5人乗れるように設計されています。

SUVとして乗り心地は良く、5人全てがゆったりと乗車できるように、シートの配置などの設計が展開されているのではないでしょうか。

 

②グレードによる乗車人数の違いはない

基本として、新型ハリアーは5人乗りで販売されていることから、グレードによって乗車定員が変わることはないとされています。

インテリアについては、細かいパーツの有無やバリエーションはグレードによっては差がありますが、大枠となるシートなどは差別化が図られていません。

そのため、グレード別で乗車定員が分けられていたり、特定のグレードだけ5人以上の定員が確保されていたりすることがないと考えられます。

各々のグレードを比較する時には、乗車人数は最大5人で変動することが無いと知っておけば、比較も簡単に進められると思います。

 




新型ハリアーは何人乗り?7人乗りが欲しい!

新型ハリアーは、標準的に5人乗りであるということが分かりました。

引用:https://cobby.jp/harrier-interior.html

そのため、7人乗りのファミリー層向けの車が欲しいという人たちにとっては、現時点では新型ハリアーがぴったりと合う訳ではなさそうです。

大人数が乗車できるSUVやミニバンについては、現状ではトヨタでいくつかの他のモデルがラインナップされているため、新型ハリアーには7人乗りが設定されていると考えられそうです。

他のモデルとの調整や差別化などに伴い、7人乗りタイプが存在しないと認識すると良いのではないでしょうか。

この点は新型ハリアーとしてはニーズに沿わないと言えるものの、5人乗り専用としてしっかりと内部の設計が施されているとも考えられると思います。

 




新型ハリアーに7人乗り2列シートは?

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort03

新型ハリアーには、現状で5人乗り設計の2列シートが装備されています。

7人が乗車することは難しいとされていますが、その代わりに前後それぞれのシートがゆとりのあるように設計されており、乗り心地の良さが確保されているようですね。

最近はクロスオーバーやSUVなどに、7人乗りの設定が多く見受けられるようになり、新型ハリアーにも早い段階での7人乗りの追加が待望されています。

トヨタの別の車種ですでに7人乗り仕様が作られる状況も発生していることから、新型ハリアーにもこの仕様が作られることも期待できるのではないでしょうか。

乗車定員の増加をはじめとして、シートラインナップを増やすことも将来的には実現されるとみられています。

 

新型ハリアーに7人乗り3列シートの実現は?

7人乗り用の3列シートが装備されていない新型ハリアーですが、今後3列シートの仕様が設定される可能性はあるのでしょうか。

実現される可能性や、具体的なシートの仕組みなどの見込みについて、見ていきましょう。

 

①ニーズが多く存在するので実現可能性は高い

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

7人乗りが実現できる3列シートに関しては、多くの層からのニーズが寄せられるようになり始めています。

そのため、新型ハリアーについても、3列シート仕様が追加される可能性は十分にあると言えそうです。

5人乗り、2列シートのみが現在は新型ハリアーには搭載されているものの、それと7人乗り3列シートが選択できるようにラインナップが充実されることが最も有力であると見込まれています。

二世帯家族などを中心として、現状よりも新型ハリアーの3列シートへの需要はアップすると考えられているので、実現される可能性は高そうです。

 

②シートの仕組みも複数のパターンが想定

3列シートで7人乗りが可能になる場合は、複数のシートの仕組みが想定できると考えられています。

前列2人、中列3人、後列2人という配置でのシート設計が行われることが有力と考えられています。

それ以外にも、前列2人、中列2人、後列3人という設計にして、座った時のゆとりを確保することも新型ハリアーについては想定できるのではないかと予測されています。

これまで7人乗りの設定がなかった新型ハリアーですが、車体の形状やプラットフォームに合わせつつ、最適なシートの仕組みが導入されることが期待されています。

どちらからシート配列が実現される可能性の最も高いシートのアレンジ形式になるとみられているので、その点にも注目すると良いでしょう。

 

新型ハリアーの7人乗りの誕生はいつ?ライバルと比較し予想

新型ハリアーに7人乗りの設定が実現される見込みは高いようですが、どのタイミングで誕生するかは気になる部分です。

他の同じクラスの車種と比較しつつ、具体的に検証していきたいと思います。

 

①エクストレイルは7人乗りで人気を下支え

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産のエクストレイルは、新型ハリアーと同じSUVとして、人気を集めています。

現行モデルは3代目にあたり、当代から7人乗りが追加されています。

以前は新型ハリアーと同じ5人乗りのみでしたが、7人乗りが追加されて以降は人気がぐっと高まりました。

2013年に発売され、2017年にはマイナーチェンジが施されており、後期型にあたるものと考えられます。

比較的近い時期に次期型に移行する可能性もあり、そのタイミングで7人乗り、もしくはそれ以上の乗車定員のあるモデルが投入されることも見込まれます。

新型ハリアーよりも先行して7人乗りで人気を獲得している点が特徴的です。

 

②6人/7人乗りの設定が行われるCX-8

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/design/

マツダのCX-8は、2017年発売のSUVです。

乗車定員は、6人乗りと7人乗りがそれぞれ設定され、比較的大人数での移動を希望する人たちをターゲットとして販売されています。

3列シートでゆとりのある車内空間の用意されているところが、CX-8の良い部分として挙げられ、高級なイメージを求める人のニーズにマッチしています。

そのような特徴は、新型ハリアーと似通っているとも考えられているので、乗車人数という面での違いがハッキリと出ていると言えそうです。

 

③早い時期の新型ハリアー7人乗り仕様の投入が期待

ライバル車には、7人乗りの設定が標準的に実現される機会が多くなっています。

そのため、新型ハリアーにも、既に売られている5人乗りにプラスして、7人乗りの仕様も早い時期に追加される可能性は高いと考えられます。

マイナーチェンジやグレード体系の見直しなどのタイミングで、7人乗り仕様が追加され、新型ハリアーの選択肢が拡充されることが最も有力です。

今年中に確実に追加される可能性は高いとは考えにくいものの、来年までには7人乗り仕様が追加されることは、十分に期待できると言えるのではないでしょうか。

 

新型ハリアー【7人乗りは?】何人乗りなの? まとめ

新型ハリアーの乗車定員について、ここまで見てきました。

基本的には5人乗りのみの設定となっており、グレードによる違いはないようです。

3列シートの装備などについても現時点では実現されておらず、5人乗りの高級なSUVとして新型ハリアーが定着しています。

しかし、ライバル車は既に7人乗りや3列シートが標準的にラインナップされ、ニーズも高くなっています。

 

そのような実情を考えてみると、新型ハリアーに7人乗りの仕様が新規に追加、投入される可能性は十分に高いと言えそうですね。

今後の新型ハリアーの改良のタイミングで、7人乗りの追加されることは、見込みとしてはかなりあるのではないでしょうか。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です