ハリアー新型の納期や納車状況?納車待ちはどお?

ハリアー




新型ハリアーの納車状況がどうなっているかは、購入希望者には気になる部分であるかもしれません。

購入の契約を結んでから、実際に納車が済むまでにどの程度の期間が掛かるかの見込み、実際の納車に掛かった期間などは知っておくと良いですね。

この記事では、そういった新型ハリアーの納車に関する情報を、詳しく見ていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

ハリアー新型の納期・納車状況や納車待ち情報はどうなの?

引用:https://www.fukushima-toyopet.jp/shop/onahama/

新型ハリアーの納車状況や納車待ちについては、極端にディーラーによって違いが出ている訳ではありませんが、ある程度の期間の余裕を持たせる必要がありそうです。

次の項目以降で詳しく紹介していきますが、納車に関しては、概ね2か月程度が相場の長さになってきそうです。

 

現状では、納車待ちについては非常に長い時間を必要とするわけではないものの、平均的な2か月程度の期間はやはり見積もっておくとベストなのかもしれません。

実際に新型ハリアーを購入するにあたっては、こういった納車までの大よその時間を知っておくことで、今乗っている車の売却や引き取りなども、計画的に行うことができるかと思います。

次の項目より、実際の納車に関する状況などを詳しく見ていきましょう。

 




ハリアー新型の納車はいつ頃になるの? 納車情報

現時点での、新型ハリアーの納車は状況がどうなっているのかは、気になる部分であると思います。

具体的に納車までどれ位の期間が必要になるかの見込みに関して、ここから見ていきたいと思います。

①平均的な納車までの期間はおよそ2か月

 

現状で新型ハリアーの納車が完了するまでは、およそ2か月程度の期間が必要になるとされています。

取り扱っているのはトヨペット店のみであり、どのトヨペットのディーラーでも大よそこの程度の期間が想定されています。

 

気になる仕様ごとの納車期間の違いについても、特に違いはないのではないかと考えられています。

そのため、特定のガソリンやハイブリッド、ターボなどで納期が変わってくることも考える必要はなさそうです。

新型ハリアーの納車に関わる生産の状況も、特に縮小される傾向が見受けられていないので、この納車までの期間が維持されることが、最も有力視されています。

 

②状況によっては納車までの期間が短縮されることも

 

 

平均的な納車待ち期間は2か月となっていますが、状況次第では期間が短縮されることもあるようです。

地域によっては、新型ハリアーを他の地域よりもスムーズに納車できるケースがあり、その場合は2か月に満たない期間で納車が完了することもあります。

 

トヨペットのディーラーによっては、新型ハリアーの中でも人気のあるグレードは、優先的に発注を掛けるなどの対処をしていることもあります。

そのような場合には、人気グレードを購入すると短縮できる可能性が高くなるかもしれません。

納車待ちの期間がどの程度短縮されるかについては、まちまちであるとされています。

しかし、こういった良い条件が出てきた場合には、1か月半程度まで納車待ちを短縮できることもあり、購入を考える人には嬉しい情報になりますよね。

標準の2か月の納車待ちを念頭に置きつつ、購入するディーラーに期間が短縮される可能性を聞いてみるのも一つの手です。

 




ハリアー新型 実際に納車された人の体験した納車待ち期間は?

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

新型ハリアーが、実際に納車されたオーナーの納車待ち期間についても、知っておきたいところですね。

時期ごとに納車待ちの期間がどうなってきたのか、チェックしていきましょう。

 

①納車待ちの期間は徐々に短くなる傾向に

新型ハリアーの納車待ちの期間は、現状は平均で約2か月となっています。

しかし、新型ハリアーが登場した当初は、もっと納車待ちの期間があったようです。

例としていくつかの時期を挙げてみましょう。

 

・2013年11月購入 → 2014年2月納車 約3か月

・2016年8月中旬購入 → 2016年12月上旬納車 約3か月半

・2017年6月上旬購入 → 2017年11月下旬納車 約5か月半

・2017年10月中旬購入 → 2018年2月中旬納車 約4か月

・2018年3月上旬購入 → 2018年5月中旬納車 約2か月

・2018年8月上旬購入 → 2018年10月上旬納車見込 約2か月の予想

 

新型ハリアー発売当初から、およそ3か月の納期で推移してきたようです。

5か月半という長めの納期は、丁度新型ハリアーがマイナーチェンジを受けた後の購入であったことが要因となっていると考えられます。

このタイミングで新型ハリアーに対する需要が大きく向上して、購入数も増加しています。

そのため、自然と納車待ちの期間が5か月という水準に変わっていたものとみられます。

 

②納車待ちの期間は徐々に縮小していく予想

新型ハリアーの納車待ちの期間は、マイナーチェンジを受けた直後をピークに、徐々に縮小される傾向にあります。

2017年のマイナーチェンジの時期は、およそ5か月半の納車待ちの期間を出し、そこがピークになっていた模様です。

 

その後は少しずつ納車待ちについては、期間が短くなってきており、2018年に入ってからは2か月程度で納車できる体制が整えられています。

やはり、販売台数が少し落ち着いてきたことや、生産体制の維持が実現されていることが、この傾向を後押ししているのではないでしょうか。

 

今後も販売台数が急激に伸びたりすることが無い場合は、この納車待ちの期間の想定でも問題はないと言えますね。

また、1か月から1か月半での納車が実現される可能性も、新型ハリアーについては将来的には出てくるかもしれないので、より短期間で納車できることも期待できるかもしれません。

 

ハリアー新型の納車遅れはあるの?

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

新型ハリアーを購入した後、納車遅れの発生する事例はあるのでしょうか。

原則としては、予定される納期通りに新型ハリアーが購入した人の元に納車されるようになっており、遅れる可能性が高くなることはなさそうです。

しかし、グレードによっては生産体制は少しずつ違いがあり、急に販売数の少なかったグレードに人気が集中した場合は、納期遅れが発生することも想定されます。

 

また、部品の供給が何らかの事情でストップしたり、車の生産自体に問題が発生したりする場合にも、納期が遅れてしまう可能性は出てくるとされています。

これまでも、ムーンルーフのパーツ供給が遅れてしまったことで、一部の契約者への納車が半月から1か月後ろにずれ込んだことがありました。

 

このような要因で、新型ハリアーの納期が遅れてしまうことは、これからも想定されると言えそうです。

基本的な2か月程度の納期から遅れる可能性がある場合には、購入した販売店からのアナウンスがあったり、改めて納期についての通知が届いたりするのではないかと考えられます。

 

ハリアー新型の納期 納車状況や納車待ちはどうなの? まとめ

ここまで新型ハリアーの納車状況や、納車待ちに関する情報をまとめてきました。

現状では、基本的に購入の契約を済ませてから納車までは、新型ハリアーについては2か月程度が平均的な期間になると考えられています。

細かい納期の違いは、ディーラーによって変わったり、生産状況の変動によって左右されたりしますが、この水準で納期街を考えるのが良さそうです。

 

一方で、これまでの納車待ちの期間については、実際の報告から見ると3か月以上の期間が必要な時期が長かったようです。

特に、2017年のマイナーチェンジ直後に契約した人は、実際に納車されるまで5か月、人によっては半年近く掛かったという情報もあります。

 

5か月以上の納車待ちは、一過性のもので徐々に期間が短縮されてきており、現在の2か月待ちの水準まできています。

納車遅れについては、原則として発生することは考えにくいとされいてます。

しかし、突発的に部品供給が行き詰まったりすることで、遅れる可能性はあると想定しておくと良いかもしれませんね。

 

今後の新型ハリアーの納車待ちに関しては、現在と同様に約2か月を想定することがベターと言えます。

とはいえ、納車待ち期間がこれまでより短縮される可能性もあり、よりスムーズに納車できることも期待できるでしょう。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です