トヨタ「新型ハリアー」対「エクストレイル」大きさ比較は?

ハリアー




新型ハリアーと、日産エクストレイルは、同じSUVとしてよく知られています。

この2車種は、大きさはどのようになっているか、また、比較するとどう違うのかは気になる部分ですね。

また、新型ハリアーとエクストレイルを比べ、どちらが買うのにオススメかも知りたいところです。

この記事では、2つの車種の比較を行い、買うのにベストなのはどっちか、検証していきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタ「ハリアー」対「エクストレイル」大きさ比較

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

新型ハリアーと、エクストレイルでは、大きさを比較するとどのような違いがあるのでしょうか。

ここからは、いくつかの点に着目しながら、大きさをそれぞれ比較していきたいと思います。

 

①車の全長は新型ハリアーが大きめ

まず気になる大きさの要素は、車の全長ではないでしょうか。

実際にこの要素を比較してみると、

新型ハリアー:4,725mm~4,770mm

エクストレイル:4,690mm

となっています。

 

新型ハリアーに関しては、通常グレードは4,725mmなのに対して、GRスポーツのグレードのみ、4,770mmと若干ワイドになっています。

そのため、同じ車種でもちょっとずつ差が出ていることになります。

新型ハリアーが、エクストレイルよりも40~80mm程度車の全長自体はワイドになっていることが分かります。

同じSUVのジャンルでありつつも、このような形式で車の全長では、やや差が出ているのがポイントとなってきそうですね。

エクストレイル引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

 

②全高についてもモデルで差がある

車の全高についても、両モデルでは違いが出ているようです。

新型ハリアー:1,655mm(GRスポーツのみ)~1,690mm

エクストレイル:1,730mm~1,740mm

新型ハリアーの方が、エクストレイルよりもいくらか全高が抑えられているのが分かります。

 

全長同様に、新型ハリアーはGRスポーツだけが全高は異なっており、スタンダードなモデルに比べて35mm低く仕上げられています。

標準的な仕様でも1,700mmを下回る全高となっていますが、エクストレイルに比べても数値の違いとしては決定的と言えそうですね。

 

③ホイールベースは新型ハリアーがやや小さ目

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

ホイールベースに関しても、新型ハリアーとエクストレイルでは違いが浮き彫りになっています。

新型ハリアー:2,660mm

エクストレイル:2,705mm

新型ハリアーが、エクストレイルよりも45mmホイールベースが小さく設定されています。

 

ホイールベースが小さくなると、小回りが効きやすくなるので、運転に柔軟性が出てきます。

また、複雑に入り組んだ道や、頻繁に曲がりくねる道などでも、その小回りを活かしながら運転できるので、操作性アップに繋がります。

45mmという差は極端な違いではありませんが、こういった部分でチェックしてみると、新型ハリアーがややメリットを有していると言えるかもしれませんね。

同じジャンルの車の中でも、エクストレイルより新型ハリアーが、運転時に快適に感じる可能性も出てくるのかなと思います。

 

④総合すると新型ハリアーはワイドで高さは低め

全長、車高、ホイールベースで新型ハリアーとエクストレイルを比べてみて、まとめてみるとワイドで高さが低めということが分かりますね。

SUVとしては、ワイドで車内空間にもゆとりを出すことは大事であり、その点はエクストレイルより長けていると言えそうです。

 

また、車高が新型ハリアーの方が低く、スタイリングという点でも、SUVでありつつも落ち着きある印象が与えられるかと思います。

それに合わせてホイールベースも若干ではありますが、新型ハリアーが小さくまとめられています。

操作性や取り回しという部分では、ホイールベースは小さいと利点を発揮すると考えられているので、その面でも新型ハリアーにプラスに作用しそうです。

色々な観点から見てまとめれば、新型ハリアーの方が優れていると言えるのかもしれません。

 




トヨタ「ハリアー」の人気が落ちない理由

新型ハリアーの人気が下がってこない理由は、どこにあるのでしょうか。

具体的な理由や要因について、ここから見ていきたいと思います。

 

①トヨタ「ハリアー」先進性が凄い

新型ハリアーは、とにかく先進性に優れたところが特徴的であるとされています。

一番の先進性についての売りは、トヨタセーフティセンスの安全装備ではないでしょうか。

この安全装備では、運転中に事故が発生しないように、全方位で状況を検知して、適切な運転ができるように環境を整えていきます。

もちろん、運転者の安全運転は前提とはなりますが、突発的な状況の変化や、事故に繋がる要因が出てきた場合に、その危険を少しでも軽減させるのが目的です。

 

現在ではトヨタの多くの自動車に装備されるものとなっており、新型ハリアーにも標準的に取り入れられています。

また、ヒルスタートアシストコントロールという機能も、先進的なものとして注目されています。

 

引用:https://toyota.jp/harrier/safety/?padid=ag341_from_harrier_navi_safety

坂道で停車した状態から発進する時に作動する機能であり、車両が勝手に後退しないようにすることが期待できます。

坂道発進やブレーキからアクセルへと切り替えるタイミングなどで、円滑に車を前進させることをサポートしています。

 

新型ハリアーを坂道から発進させたいという場合に、このヒルスタートアシストコントロールを使えば、ストレスなく車を運転することも可能になると言えそうです。

トヨタセーフティセンスや、ヒルスタートコントロールなどは、新型ハリアーの先進性というメリットを最大限引き出しています。

人気が下がらない大きな理由として挙げられるのではないでしょうか。

 

②トヨタ「ハリアー」日本に特化したインテリアが豪華

ハリアー シート

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

新型ハリアーの内装は、日本人が好みそうなスタイルに特化した仕様となっています。

色については、ブラックとレッドのツートン、ブラック、ディープボルドー、ダークサドルタンの4タイプが用意されています。

どのタイプのカラーリングも、日本人が好んでいる、落ち着いた雰囲気の色です。

 

やや暗く落ち着きのあるインテリアのカラーは、新型ハリアーが日本に特化してデザインされていると言える部分に挙げられると思います。

夜間のドライブ時には、室内イルミネーションを使う人も多いでしょう。

この室内用のライトやイルミネーションについても、日本向けに特化した仕様となっており、やはり落ち着いたブルーのライトが点灯します。

 

ライト自体が点灯するのと同時に、スイッチ照明も点灯し、一体感ある車内空間の色合いを作り出します。

夜の暗い時間帯の視界確保と共に、車内も上質な雰囲気を醸し出すことが期待できるのではないでしょうか。

インテリアでは重要になるシートも、日本に特化していると言えそうです。

寒い時に冷えやすくなる脚の部分に温風が届く快適温熱シート、そして背もたれなどから送風されるシートベンチレーションの機能がそれぞれ備わっています。

こういったシートに関する機能が豪華仕様となっているところも、新型ハリアーの特徴として挙げられますね。

 




トヨタ「ハリアー」対「エクストレイル」大きさ比較・買うならどっち まとめ

ここまで、新型ハリアーについて、エクストレイルとの比較を交えながら検証してきました。

まず新型ハリアーのサイズについてですが、エクストレイルに比べて全長はワイドであり、車高が低め、ホイールベースも小さめとなっていました。

 

SUVの同ジャンルでありつつも、新型ハリアーの方がスタイリッシュさという面で長けているのではないかと思います。

また、新型ハリアーは安全装備や坂道で使える機能を中心に、先進性のある仕組みがふんだんに盛り込まれています。

そこも新型ハリアーが評価できる部分のひとつとなり、購入がオススメされる理由にもなっています。

インテリアは日本に特化した仕様であるため、日本人好みのデザインに新型ハリアーは仕上げられています。

 

新型ハリアーに関して、色々な面から検証を進めていくと、エクストレイルよりも魅力的なところはいくつもありそうな気がするという人は多いかもしれません。

総合的に見てみると、新型ハリアーを購入する方がメリットは大きくなるかと思います。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です