新型ハリアーのアクセサリーは種類が多い!オススメは?

ハリアー




新型ハリアーの純正オプション(アケセサリーパーツ)は種類が多いです。ここ最近どの車もアクセサリーなどが細かくわかれており、今回は、特に人気があるタイプ、カーナビ、ドライブレコーダー、LEDルームランプと女性向けのアイテムを調べた。トヨタのハリアーSUVの人気アイテムなので要チェックだ。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ハリアーのアクセサリーは種類が多い!オススメは?

https://www.photo-ac.com
 

「メーカーオプションカーナビ」

メーカーで作られたカーナビは、室内のデザインに損なわない内容のナビになっている。種類も何種類かありT-Connectナビ 9.2型TFTワイドがある。

高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載している。タブレット端末のような洗練されたデザインと軽快な使い心地が実現されており、フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などを可能になった。

バックガイドモニターも一緒に装備する人がかなり多い。見えにくい後方左右や下部を画面に表示。後進時の安全運転をサポートしてくれる。新型ハリアーはバックする時に非常に見えにくいところがるのでバックガイドモニターが役立つ。

 

「ドライブレコーダー」トヨタアクセサリー公式サイト

ドライブレコーダー別体型

明るいところも暗いところも、しっかり見える高画質映像で、フルHDカメラが採用されているので見えにくいナンバープレートの数字をより鮮明に記録することができる。トンネル出口や夜間のランプの反射などでおきる白とびも低減できる。安心機能付きのドライブレコーダーもあるが、こちらはドライブレコーダー別体型の本体価格の1万円高い設定になっている。

カメラ一体型ドライブレコーダー

リアルな映像と音声の記録で、トラブル回避に役立つ。カメラ一体型オールインワンモデルなのでコンパクトに設計されており、車両にもスマートに装着できる。こちらもドライブレコーダー別体型と画質や性能はほとんど一緒だ。

 

安心機能付きのドライブレコーダー(サポトヨプラス)

「ふらつき・はみ出し走行通知」機能は、カメラが白線の位置を検知し、運転中のふらつきや車線からのはみ出しをドライバーにブザーでお知らせする。「車両接近・前方車両発進通知」は、前方車両と車間距離が近づくとブザーでお知らせする。

また、信号待ちなどでの停止時、前方車両が発進して一定時間が経過した時にブザーでお知らせしてくれる。「進入禁止標識通知」は、高速道路の入口や一方通行の道路手前など、進行方向に進入禁止標識があった場所でブザーでお知らせする。知らない土地などの逆走進入のリスクを軽減させてくれるので非常に頼れるだろう。

フルHD200万画素で録画した映像をWi-Fi接続によりスマホでも再生して確認することができるので家族で共有することが可能だ。衝撃を検知した場合に、いち早くご家族にお知らせ。遠方に住んでいる場合などに便利な機能も搭載されている。

無人の駐車時記録が可能になった。衝撃を検知すると自動で起動し記録を行い、当て逃げや車上荒らしなどの記録に役立つ。また最大1時間の一定時間記録も可能です。

別体型は、消費税抜き49,500円になっており一体型は、消費税抜き37,500円になっている。カメラと本体が別体型の高性能モデルは高い。

「LEDルームランプ」

 

写真撮影:M,M
 

室内のLEDルームランプ(センター)にプラズマクラスターが搭載されている。プラズマクラスターと言えば単体の置型フリップダウンに内蔵されているものが支流だったが今回は室内のルームランプに内蔵される形になった。車室内に浮遊するカビ菌を分解・除去し、浮遊菌、浮遊ウィルスの作用を抑え約66分で99.0%を除菌することができる。

気清浄器はホコリを吸い取って掃除が必要だが、プラズマクラスターは車室内に飛び出して掃除をする必要もない。圧迫感のないコンパクトな設計なので、見た目もすっきりだ。

 

「LEDバルブセット」

標準装備のバルブを高輝度LEDに交換することで、室内をより明るく照射しっできる。バニティランプには肌映りを考慮して暖色系のLEDを採用されており、バルブに比べてLEDは夜間非常に室内が明るくなり、とても便利だ。

交換部位バニティランプ(2灯)、ドアカーテシランプ(2灯)消費税抜き14,000円になっている。

トヨタアクセサリー

 




新型ハリアーのアクセサリー純正は何がオススメ?

 

写真撮影:M,M

「カーナビ」

車種専用の大型カーナビ9インチモデルが非常におススメだ。7インチのサイズのカーナビもあるがやはり画面が小さく操作するのがやりにくい。9インチのカーナビだと全体に大きくなるので操作がとてもしやすい。大型カーナビ9インチモデルは、T-Connect対応カーナビでもある。

T-Connectがあれば、トヨタスマートセンターと通信でつながり、多彩な機能で新しいカーライフが広がる。

音声対話サービス「エージェント」で、ナビに接続されたマイクに話しかけるだけで、目的地の設定や必要情報の検索等を行ってくれる便利な機能だ。話しかける言葉も選ぶ必要が無く、普段通りに「近くの駐車場を探して」と話しかけるだけで、非常に高い精度で音声を認識してくれる。

また、細かい条件付加にも対応しており、飲食店の駐車場の有無や個室の有無等を絞り込んで検索することも可能だ。

車の走行履歴のビッグデータから車の行き先を予測することで、そのルート上の事故や渋滞・天候等を先読みして音声で案内する「先読み情報サービス」も利用できる。。

このサービスにドライバーの好みを登録しておくと、予測ルート上に存在しているドライバーの好みに合致した店やイベント情報の紹介もしてくれ非常にT-Connectを重視しているユーザーもいる。

新しい道路情報の更新のほか、安心・安全のための各種サービスが利用でき、困った時にはコールセンターに電話をして対処してくれることも可能だ。

 

「ドライブレコーダー」

ドライブレコーダーが必須アイテムになってきている。もしもの時に威力をはっきしてくれるドライブレコーダーだが取り付けるならカメラ別体型がいいだろう。

カメラ一体型もあるが衝撃録画機能も無く、ドライブレコーダーの機能としては低機能になるのでおススメできない。カメラ別体型には、「常時録画」「衝撃録画」「駐車録画」「GPS」「夜間視界性能」など必要なものが全て揃っており、さらにサポトヨタプラスの機能を追加したらいいだろう。純正のドライブレコーダーは保証期間が3年で新車装着なら最長7年になっているので取り付ける時に必ず確認をしといたらいいだろう。

 




新型ハリアーのアクセサリーでモテるアイテムは?

 

写真撮影:M,M
プラズマクラスター搭載のLEDルームランプは、非常におすすめだ。車内を常に綺麗にしていたほうが、急の用事がはいっても気持ちに余裕がもてるだろう。トヨタアクセサリー公式サイト

車内に残りがちな「タバコ臭い」「体臭・汗」「食べ物や食べこぼし」「エアコン雑菌」「ペットの臭い」など、初めて人を乗せて気づくこともある。プラズマクラスター搭載のLEDルームランプは気になる臭いを99.0%除去できるので、大活躍する。

価格も消費税抜き17,400円なのでそれほど高くない。新型ハリアーグレードによってエアコン吹き出し口からナノイーがでるが、プラズマクラスターもあればもっと効果がでるだろう。

トヨタアクセサリー公式サイト

 

新型ハリアーのアクセサリーで女性向けグッズをチェック!

 

https://toyota.jp/dop/navi/lineup/nszt-y66t/
 

純正のカーナビのみ、サブディスプレイに案内が表示される。カーナビを直視するのが苦手・地図がいまいちよく分からなくて直視してしまい道を過ぎてしまったなど、女性ユーザーから聞いた事があるがこの機能は是非一度体感してみるべきだ。

メーター内のモニターにもカーナビの案内が表示されるので、テレビ視聴していても、このサブディスプレイ音声案内で目的地に進める。さらにカーナビゲーションシステムT-Connectナビであれば、今トレンドのお店を直ぐに検索でき時間の短縮にもなる。

サービスは主に、音声認識で目的地設定や情報の取得をしてくれる「エージェント」と、カーナビに便利なアプリを追加できる「Apps」、地図情報の更新や緊急通報、渋滞を回避できるルートの検索といったサービスをまとめた「オンラインケア」で構成されておりT-Connectは通信サービスなので、利用するには通信機器と接続する必要がある。

スマートフォンと接続することで利用でき、この場合の通信料金は無料になり便利だ。

スマートフォン接続以外では、携帯電話や携帯型Wi-Fiルーター、DCMという専用機器と接続することが可能で、携帯電話とWi-Fiはスマホと同様にパケット通信料がかかり、DCMの場合は年間の基本使用料を払うことでパケット通信が使い放題となる。

 

新型ハリアーのアクセサリーは種類が多い!オススメ まとめ

新型ハリアーには外観から内装までの細かいアクセサリーがあり、アレンジすれば他と違うカスタムをすることが可能です。スポーツタイプや高級感あふれるラグジュアリータイプなどにすることもできるのできる、さらにT-Connect搭載のカーナビは他では体験することができない、独自のシステムがあるので是非一度試してみてはいかがだろうか。

(コピーライターM,M)




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です