新型ハリアー【GRスポーツ】カスタム。ホイールや気になる燃費は?




GRスポーツのカスタム仕様のホイールやマフラーのアレンジは、どのような見た目になっているのかは注目したいところです。

また、新型ハリアーのGRスポーツ仕様の燃費性能も、どの水準なのかは気になるところですね。

この記事では、新型ハリアーGRスポーツの燃費性能や、ホイールなどのカスタマイズの詳細について、見ていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ハリアー【GRスポーツ】のカスタムって、見かけないけどそもそも何?

新型ハリアーのGRスポーツは、あまり街中では見掛けないと感じる人も多いかもしれません。

実際にはGRスポーツのカスタム仕様とは、どのようなものなのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

①GRはスポーティーなカスタムブランド

 

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/

新型ハリアーに設定されるカスタム仕様は、GRというスポーティーなブランドのものです。

洗練されたデザインや、刺激的な印象を与える外観が持ち味であり、普通のグレードとは少し違ったエクステリアを求める人向けのラインナップです。

新型ハリアーがこのGRのモデルとしてラインナップされていますが、他にもいくつかトヨタ車がシリーズになっています。

新型ハリアーをはじめ、プリウスPHV、プリウスα、マークX、アクア、86がGRシリーズとして展開されているのです。

意外とGRのシリーズに入っている車が、多いと思った人もいるかもしれませんね。

 

②スポーツカーを作るノウハウが凝縮されているGR

GRブランドの大きな特徴としては、トヨタのスポーツカーを作るノウハウが凝縮される点も挙げられそうです。

これまでトヨタでは、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや、WRCのレースなど有名なレースに数多く参戦しています。

そこで培ったスポーツカーを本格的に作る技術が、GRのブランドには注入されているのです。

GR専用の外観を用意するだけではなく、専用サスペンションや剛性アップの仕組みも取り入れられています。

新型ハリアーのGR仕様も、もちろんこのようなカスタムが実施されているので、一味違った新型ハリアーに乗れることが期待できます。

外観だけではなく、車の基本的な仕組みもスポーツ仕様にガラッとアレンジされており、GRスポーツの良さを実感できるかと思います。

普段はなかなか新型ハリアーのGRカスタム仕様は見掛けることがないと思う人もいるでしょう。

しかし、細かい部分までこだわりを持ったカスタマイズの施された、非常に魅力的なグレードと言っても良いですね。




新型ハリアー【GRスポーツ】のカスタムのホイールやマフラーは?

GRスポーツモデルの新型ハリアーは、ホイールやマフラーのカスタムはどのようなものなのでしょうか。

特徴的な部分などに関して、見ていきたいと思います。

①ホイールは標準仕様よりもワイド

 

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/

新型ハリアーのGRスポーツ仕様では、ホイールサイズが標準よりもややワイドめとなっています。

標準のグレードでは、17インチから18インチのホイールが装着されています。

しかし、新型ハリアーのGRスポーツモデルでは、19インチのホイールが装備されており、少しワイドさが出ています。

タイヤも大きめのものが取り付けられていることから、ホイールも少しサイズの大きなものが用意されているようです。

標準のものとは違い、ホイール自体は専用のものが装備されています。

ホイールのデザイン自体も、普通のグレードに比べてシャープな印象が与えられるものだと言えそうです。

新型ハリアーの足元まで、しっかりとスポーティーさをまとうことが、GRスポーツのカスタム仕様として実現されていると評価される部分ともなります。

②見た目も音も大きくアレンジされるマフラー

 

引用:https://toyota.jp/harrier/grade/gr_sport/

マフラーについては、GRスポーツの新型ハリアーは標準のグレードよりも大きくアレンジされているようです。

何と言っても専用設計となるGRスポーツ用のマフラーは、大径のバッフルが目を惹きますよね。

標準のグレードより非常に直径は大きく、リアの外観にも良いアクセントを加えています。

また、マフラーの出す音についても、GRスポーツでは格好良いテイストに変えられており、走る時の聴覚も刺激してくれるようです。

このマフラーのサウンドチューニングに関しては、ガソリン車のみに設定されるカスタマイズになりますが、新型ハリアーのGRスポーツならではと言える部分に挙げられそうです。

マフラーの外観だけではなく、サウンドもしっかりとチューニングされ、丁寧なカスタムが実現されています。

こういった点も、新型ハリアーGRスポーツの専用設計の良いところと評価できるかと思います。

③ホイール、マフラー共に専用設計で独自性アリ

新型ハリアーのGRスポーツでは、ホイールもマフラーも専用に設計されたものが装備されています。

こういった形で、細かいパーツに至るまで、丁寧にカスタムされているのは、独自性を強めることにも繋がり、魅力的と評価できると思います。

新型ハリアーは元々デザインが洗練されていますが、GRスポーツ仕様にカスタムされることで、その特徴がより強いものとなっています。

新型ハリアーに乗りたい人で、標準モデルよりも更に個性的で、スタイリッシュな仕様を選びたいという人のニーズにも合います。

そのような部分は、GRスポーツのモデルで高く評価される部分と言っても良いのではないでしょうか。




新型ハリアー【GRスポーツ】のカスタムの燃費は?

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grsharrier/

新型ハリアーのGRスポーツの燃費の水準は、どのようになっているのでしょうか。

それぞれのグレードごとに見ていきたいと思います。

①ターボ仕様とガソリン仕様で燃費が異なる

 

引用:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_navi_performance

新型ハリアーのGRスポーツは、ターボ仕様とガソリン仕様で燃費の数値が異なっています。

エレガンス・GRスポーツという正式グレード名称であり、

ターボ仕様(4WD) … 12.8km/L~13.0km/L

ガソリン仕様(2WD/4WD) … 15.2km/L~16.0km/L

という数値がカタログ燃費では算出されています。

ターボ仕様は4WDのみの設定であり、燃費自体は約13km/Lが水準になってきそうであることが分かります。

また、ガソリン仕様については、2WDと4WDの各設定がなされています。燃費の数値としては、15.2~16.0km/Lと、ターボ車に比べて若干優れているという特徴があるようです。

GRスポーツのみで比較してみれば、約3kmほど燃費の数値で差が出ているとうが、新型ハリアーについての特徴として挙げられると思います。

グレードによって、少しずつ燃費の水準に差が出てくることは、購入する前にしっかりと把握しておくとベターかもしれません。

②標準グレードとは基本的に燃費は変わらない

標準仕様の新型ハリアーと比べてみると、ターボ、ガソリン共にGRスポーツとは基本的に同じ燃費になります。

ターボ仕様もガソリン仕様も、新型ハリアーのエレガンスグレードで、GRか標準モデルかの違いが存在するためです。

搭載されているエンジン自体には違いがなく、燃費も同様の数値が出ているようですね。

新型ハリアーの中でも、標準的な仕様とGRスポーツでは、燃費に違いが出てくると考えている人もいるかもしれません。

しかし、実際にはエレガンスというグレードは共通しており、搭載されるエンジンなどにも違いがないことから、燃費には差が出てこないのです。

この点も、新型ハリアーのGRスポーツ仕様を買う時には知っておくと良いかと思います。

新型ハリアー【GRスポーツ】カスタム。ホイールや気になる燃費 まとめ

新型ハリアーの、GRスポーツ、カスタムに関して、燃費やホイールなどについて、見てきました。

GRスポーツというカスタムブランド仕様の新型ハリアーはなかなか見掛けることがないかもしれませんが、スポーツカー製造のノウハウの詰まった独自のカスタム仕様になります。

このGR仕様の新型ハリアーは、グリルパーツやホイールが専用設計になっており、特徴的なデザインに仕上げられています。

細かいパーツまでカスタムされているところは、新型ハリアーを買いたいと思う人からも注目される部分になりそうですよね。

また、燃費性能については、同じエレガンスのグレードの標準車と、相違ないと考えて良さそうです。

ターボ、ガソリンのどちらかによって燃費性能に違いはあるものの、GR仕様だからと言って燃費の性能が落ちることは心配する必要がありません。

こういったところも、新型ハリアーのGR仕様の特徴的なところに挙げられると思います。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です