ハリアー新型の内装は標準でもスゴイ!標準でも高級車仕様!?




ハリアー新型にはグレードが3種類あるが、豪華装備がされているグレードがある。

室内やシートのデザイン・色などが3種類からではなく5種類くらいあるので選ぶときに非常に悩みやすく多いので分かりにくい。様々な種類があるのでより分かりやすくまとめてみた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

ハリアー新型の内装や内装色や内寸は?

ハリアー新型SUVのなかでも高級車としても有名だ。男性の憧れの車とも呼ばれ、乗る人のステータスを向上させる車としてもとても人気が高くよりスタイリッシュに、より高級感を増した。グレード事に内装が異なる訳ではなく、ガソリン・ハイブリット・ターボで室内が異なる。

クルマの販売店やショールームに行っても全ての種類の内装色が揃っている時が滅多にないので事前に下調べをするのが後から満足のいくクルマ購入へと繋がっていく。

エクステリア ★★★★★5 

インテリア ★★★★★5

乗り心地  ★★★★☆4

走行性能  ★★★☆☆3

ハリアー新型の評価を集計したところ、室内の評価は満足しているユーザーが非常に多く、中には低評価もあった。

ハンドル・ダッシュボードなどが凄くスッキリしておりエアコンの吹き出し口に後付けのドリンクホルダーがつけにくかったり、ダッシュボードに物を置いたり携帯をおいている人を良くみかけるがハリアー新型のダッシュボードは平ではないので物を置けば運転席側に飛んでくる。(ダッシュボードには基本物を置くのおススメしません)

収納が多そうに見えるが、大人数で乗車すれば少ないかもしれない。

全体的に車内がスッキリしているので、散らかりにくく常に綺麗な状態に保つことができそうだ。実際にハリアー新型に乗っている知り合いの車内はいつ見てもとても綺麗だ。

 




ハリアー新型の内装は標準でもスゴイ!標準でも高級車仕様!?

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior
 

ハリアー新型は、グレードによって内装が異なってしまうが標準でも十分に高級感が出ている。標準モデルの内装色はディープボルドー・ブラック・アイボリーから選択が可能だ。

やはりこの中で人気をしめているのがブラックだ。室内のデザインがスタイリッシュになっており内装色によって雰囲気が変化する。

ブラックは大人な雰囲気をか持ち出しさらにデフォルトで車内全体がブルーに光るイルミネーションが備わってる。外が暗くなれば標準装備デフォルトで、美しい青い光により室内が一変する。

ディープボールド・アイボリーの内装にブルーの光よりも、ブラックの内装にブルーのライトアップの方が格別キレイになっている。

写真撮影:M,M
 

シート表皮本革・ファブリック+合成皮革・ファブリックから選ぶことができる。(本革シートはオプションで選択可能)

質感も良く肌触りも評価が高い。れぞれのシートと内装色のディープボルドー・ブラック・アイボリーを組み合わせる事により自分好みのクルマにカスタムできる。室内のアレンジがここまでできるクルマも珍しく選べる内容もどれもカッコイイと高評価だ。

ハリアー新型には上位グレードのPROGRESSとPREMIUMにPR付加価値を付けた「Metal and Leather Package」が用意されている。この付加価値とは、ベースグレードのELEGANCEに対する装備を、質および性能をより高級感のあるデザインに変えている。

  • シート表皮:プレミアムナッパ本革
  • シフトパネル・フロントコンソール加飾:アルミヘアライン
  • ドアスイッチベース加飾:ピアノブラック
  • イルミネーション付ドアスカッフプレート

 

内装面で追加され上位グレードの高級感をさらに高める特別な装備となっており、豪華装備されていないグレードでも十分高級感がでているが“Metal and Leather Package”になるとまた違った室内の雰囲気に様変わりする。

PROGRESS 「Metal and Leather Package」PREMIUM「Metal and Leather Package」それぞれ一度室内を見るのをおススメする。




ハリアー新型の内装色は?

写真撮影:M,M
ハリアー新型の内装色は全部で4種類準備されている。一部の内装色では選ぶことが限られており、分からない状態で選んでしまうと後から後悔してしまうユーザーもいる。

ボディの色は悩まずにすぐ決めれることが多いが、室内になってしまうと迷ってしまう傾向が非常に多く4種類もあるので事前に把握してる方がスムーズに決断に繋がるだろう。

1、ブラック×レッド    

ターボ車のみの内装色になる。一部赤いステッチが室内全体に施されているのでスタイリッシュでさらにターボ車ならではのとても良い雰囲気にしあがっている。室内からターボ車独自の拘りがでているので、ドライブが楽しくなりそうだ。

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior
 

2、ブラック       

ハイブリッド車・ガソリン車に用意されている内装色だ。シンプルなカラーになるのでとても人気が高い。ブラックで統一されていると高級感が増し、内装色に迷うなら定番のブラックがおススメだ。

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior
 

3、ディープボールド    

ハイブリッド車・ガソリン車に用意されている内装色だ。赤ワインに近い色になっており、シートの色ブラックだ。写真やカタログで初めてディープボールドの色を確認したら思ってたより濃く抵抗がアル傾向が多い。カタログヤ写真などは撮影の角度や光かげんでかなり印象が変わってしまうので一度自分の目で直接見ることをおススメする。ディープボールドの内装色を現車で見たら「とても良かった」と高評価の人が実際には多い。

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior
 

4、ダークサドルターン   

ハイブリット車・ガソリン車に用意されている内装色だ。高級家具のような色合いが出ており、高級ソファーなどで使われる色に非常に近い。クルマの内装色ではかなり独特のイメージを出すことができる。中々ダークサドルターンの色が施されている国産車を見かけることが無いので、クルマから降りる時などに室内が見えますが周囲からは注目の的になりそうだ。これからは上級グレードにどんどん増えていく見込みだ。

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

ハリアー新型はそれぞれ内装色を変えることができるので(ターボ車は除く)独自の個性・アレンジを楽しむことがとてもしやすい。

 

ハリアー新型の内寸は?

https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

室内長・室内幅・室内高・寸法スペックについてチェックし競合車種(エクストレイル)内寸と比較した。SUVの中で人気のあるエクストレイルはどおようになっているか調べてみた。

https://prcm.jp
 

車両外形サイズ(mm) 全長4680 x 全幅1820 x 全高1715

室内サイズ(mm) 室内長2005 x 室内幅1535 x室内高1270

エクストレイルはボディが四角に近いので見切りがよく運転しやすい口コミが多く女性ドライバーを見かけることが非常に多い。

https://prcm.jp

ハリアー新型はエクストレイルに比べて全長から室内にかけての大きさがあまり変わらないのが分かる。

車両外形サイズ(mm) 全長4720 x 全幅18535 x 全高1690

室内サイズ(mm) 室内長1965 x 室内幅1480 x室内高1220

大きさをライバル他車と比較してみると、ハリアー新型が全長が長くて高さが低くなっている。フロントマスクの伸びやかなデザインと、低くなる寸法にも表れている。

全長が長いのは、バンパーのデザインだけじゃなく、荷室の寸法にも表れています。仮にセダン(大きさが近い)と比較してもハリアー新型の方が運転する視点が高いことからも運転のしやすさは抜群になっている。

 

ハリアー新型の内装や内装色や内寸 まとめ

ハリアー新型はインターネットで検索してみると「女性にモテルクルマ」の口コミ・評価が多い。車体のデザインはもちろん内装も高級感がハリアー新型は評価が高く男女ともに人気がある。

内装色もレパートリーが豊富なので実物で確認をおススメする。見た目は大きく見えるが運転席に座って一度乗れば運転がしやすく、さらに室内の高級感を味わったら虜になるだろう。

(コピーライターM,M)




スポンサーリンク

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ハリアー 新型がほしい!

ハリアー 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です